安全面でのメリット

最後に、安全面のメリットです。シェアハウスは、通常の賃貸物件よりもセキュリティが高いと言われています。まず、空き巣被害が減るということです。住民の内、誰かがシェアハウスに居る可能性が高くなるため、仕事が忙しかったり、旅行や帰省でほとんどシェアハウスを不在にしていたとしても、空き巣の心配はほぼ無いと言って良いでしょう。これは、アパートやマンションにて一人暮らしをする場合にはない利点です。

また、災害時のメリットもあります。地震や台風など災害の多い日本ですが、有事の際に一人ではないこと、お互いが助け合えることは、精神的にも安心感を与えてくれます。集団で災害時のルールを決めておくことで逃げ遅れを防いだり、食料や日用品のシェアもスムーズに行うことができます。

さらに、自分が怪我や病気で苦しんでいるときに手伝ってくれる住人がいることも、安全面での大きなメリットです。例えば、風邪をひいて寝込んでいるときに薬や食べ物などを差し入れてくれたり、怪我をしているときに手を貸してくれることも期待できます。アパートやマンションでは隣人にこのようなことはなかなか頼めませんが、共同生活をして普段から顔を知っている住人ならば、付き添ってもらえることでしょう。


スキル向上

次に、人間としてのスキルが向上することです。いろいろなタイプの人と共同の建物内で生活するので、人間関係を構築する方法や仲良くなるためのスキルを自然と身につけられます。

また、年齢や育った環境はもちろん、物件によっては国籍までいろんな人と交流することができ、新たな価値観や情報を得ることができます。悩み事があるときに、直接相談できる人がそばにいるのも心強いです。

また、大型のシェアハウスでは住人の横のつながりを強めるために、運動会やパーティーなど、様々なイベントやサークル活動が開かれることも多いです。

最近では、同じ趣味の人や同じスキルを向上させたい人が集まるシェアハウスも登場しています。例えば、英会話を習得したい人が集まってお互いのスキルを高めるための物件があったり、起業家を目指している人が集まる物件やクリエイターが集まる物件では、将来のための情報交換やお互いの評価ができます。

さらにシェアハウスでは集団を運営していくスキルも身につけられます。いろいろな住人がいれば考え方が対立することもありますが、その中でうまく意見をまとめたり、衝突やトラブルを避け、円満に過ごすための工夫を知ることができます。シェアハウスのルールやモラルを守りながら集団の中で生活していくことは、個人としてのスキルだけではなく、チームワークの向上も望めるのです。


金銭面でのメリット

どのシェアハウスにも共通する最大のメリットは、金銭面に関してです。費用を抑えて良い場所に住んでみたいという人にとっては、シェアハウスはかなりの好条件といえます。まず、敷金、礼金、仲介手数料などが不要の場合が多く、初期費用を大きく節約できます。家賃が5万円の物件として考えると、一人暮らしの場合と比べて10万円以上は契約における初期費用を抑えられます。

また、エアコンや冷蔵庫、ベッド、収納などの最低限の家具家電は部屋に備え付けられているのが一般的で、テレビや電子レンジ、冷蔵庫や洗濯機なども各部屋か共用スペースにあるので、新たに買う必要がありません。これらを一式自分で買いそろえるとしても、10万円以上は費用がかかります。ちなみに、更新料が不要な物件も多く、長く住み続けても節約になります。

次に、光熱費の節約です。規模の小さなシェアハウスでは各個室の電気代、浴室やキッチンなどの共用スペースでかかる水道代、ガス代を同居人全員で払いますが、食事を一緒に作って分け合ったり、共用リビングに集まったりしていれば、一人暮らしよりも毎月の出費を抑えられます。

規模が大きなシェアハウスでは、光熱費が共益費(家賃とは別に毎月支払う管理費や清掃費、日用代費)に含まれているパターンが多いようです。10000円から14000円くらいの範囲内位で固定されていることが多いため、使用しすぎても安心感があります。


増える共同生活

ひとつの賃貸物件に親ではない複数の人が共同生活する、いわゆるシェアハウスという居住スタイルが、近年若者の注目を集めています。国土交通省によると、2013 年3月末時点で、累計供給物件数は約1,400 物件、約 19,000 戸であり、近年は年率30%程度で供給数が増加しています。

まず、最大の魅力は金銭面でのメリットです。敷金、礼金、仲介手数料、更新料などが不要の場合が多く、光熱費は家賃に含まれていたり共用の場合がほとんどです。また、家具や家電も備えられていることが多く、新たに準備する必要がありません。よって、初期費用や毎月の収支において、通常の賃貸物件に独りで住むよりも大きく節約が可能です。

次に、人間としてのスキルが向上することです。いろいろなタイプの人と共同生活をする中で、仲良くなる方法や適度な距離の取り方を知ることができ、人間関係を構築する能力が身につきます。また、自分とは違う経験を持った人間と多く接することで、新たな価値観を得ることもできるでしょう。

最後に、安全面でのメリットです。シェアハウスは、一つの建物に多くの人が入居していて留守の状態が少ないため、通常の賃貸物件よりもセキュリティが高いと言われています。また、災害時や自身が怪我をしたり病気になった際、同居人が助けてくれる点も心強いです。

これらのシェアハウスのメリットについて詳しく知りたい方は、ぜひ当サイトをご覧ください。