増える共同生活

ひとつの賃貸物件に親ではない複数の人が共同生活する、いわゆるシェアハウスという居住スタイルが、近年若者の注目を集めています。国土交通省によると、2013 年3月末時点で、累計供給物件数は約1,400 物件、約 19,000 戸であり、近年は年率30%程度で供給数が増加しています。

まず、最大の魅力は金銭面でのメリットです。敷金、礼金、仲介手数料、更新料などが不要の場合が多く、光熱費は家賃に含まれていたり共用の場合がほとんどです。また、家具や家電も備えられていることが多く、新たに準備する必要がありません。よって、初期費用や毎月の収支において、通常の賃貸物件に独りで住むよりも大きく節約が可能です。

次に、人間としてのスキルが向上することです。いろいろなタイプの人と共同生活をする中で、仲良くなる方法や適度な距離の取り方を知ることができ、人間関係を構築する能力が身につきます。また、自分とは違う経験を持った人間と多く接することで、新たな価値観を得ることもできるでしょう。

最後に、安全面でのメリットです。シェアハウスは、一つの建物に多くの人が入居していて留守の状態が少ないため、通常の賃貸物件よりもセキュリティが高いと言われています。また、災害時や自身が怪我をしたり病気になった際、同居人が助けてくれる点も心強いです。

これらのシェアハウスのメリットについて詳しく知りたい方は、ぜひ当サイトをご覧ください。