安全面でのメリット

最後に、安全面のメリットです。シェアハウスは、通常の賃貸物件よりもセキュリティが高いと言われています。まず、空き巣被害が減るということです。住民の内、誰かがシェアハウスに居る可能性が高くなるため、仕事が忙しかったり、旅行や帰省でほとんどシェアハウスを不在にしていたとしても、空き巣の心配はほぼ無いと言って良いでしょう。これは、アパートやマンションにて一人暮らしをする場合にはない利点です。

また、災害時のメリットもあります。地震や台風など災害の多い日本ですが、有事の際に一人ではないこと、お互いが助け合えることは、精神的にも安心感を与えてくれます。集団で災害時のルールを決めておくことで逃げ遅れを防いだり、食料や日用品のシェアもスムーズに行うことができます。

さらに、自分が怪我や病気で苦しんでいるときに手伝ってくれる住人がいることも、安全面での大きなメリットです。例えば、風邪をひいて寝込んでいるときに薬や食べ物などを差し入れてくれたり、怪我をしているときに手を貸してくれることも期待できます。アパートやマンションでは隣人にこのようなことはなかなか頼めませんが、共同生活をして普段から顔を知っている住人ならば、付き添ってもらえることでしょう。